41 日本国憲法

第14条

すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別社会的身分又は門地により、 政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

第25条

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2 国は、すべての生活部面について、 社会福祉社会保障及び 公衆衛生向上及び 増進に努めなければならない。

第27条

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

2 賃金、就業時間、休息その他の 勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

3 児童は、これを酷使してはならない。

第28条

勤労者の団結する権利及び 団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。